粗大ゴミとして出された家具を修理してリサイクル販売

物を大切にするために、私たちが少しでも行動を

物を大切にしてほしい

ゴミ問題の解決の一手

「物を大切にしてほしい」という想いからリサイクルして売り出されている元粗大ゴミたち。これは、特に都市部で顕著なゴミ問題の解決の一手にもなっています。首都東京ではゴミ処理のための埋立地がもう飽和状態…かつてはもともと燃えないゴミだったプラスチックなどを、燃やして体積を減らすために燃えるゴミという区分にした自治体もあります。
そんな各自治体が実施するようになったのが、粗大ゴミのリサイクル販売なのです。まだ使えるものを、まだ使ってくれる人へ。これはゴミ問題解消のために昨今叫ばれている3R(リデュース・リユース・リサイクル)のうち「リサイクル」を推奨することになります。エコという役割を与えられ、元粗大ゴミたちはキレイに生まれ変わって新しい持ち主を待っているわけです。

引っ越しにオススメ

こうして売り出されているリサイクル家具は、自治体にもよりますが無料~一万円くらいで購入することができます。平均的には多い値段設定は500円くらいでしょうか。車を持っていれば配送料もかからないので、引っ越しをしたときなど、一度にいくつも家具を買うときに特にオススメです。先ほども言った通り、販売されている家具は全て自治体が修理すれば使えると判断したものなので安全性には問題ありません。粗大ゴミはその損傷や汚れの具合が本当にまちまちなので、タイミングが良ければかなりの美品を格安で購入できることもあります。
自治体によってはホームページで写真を掲載しているところもあるので、事前にどんなものがあるか知りたい方はチェックしてみてくださいね。


この記事をシェアする